大山上池・下池 ラムサール10周年記念式典・シンポジウム開催報告

11月10日(土)、出羽庄内国際村にて大山上池・下池

ラムサール10周年記念式典・シンポジウム開催したので報告

します。

 

オープニング発表として、大山上池・下池がある地区の

大山小学校の4年生による総合学習の取り組みについて

発表してもらいました。

 

 

ほとりあが開館した7年前から毎年、大山上池・下池を

含むほとりあ周辺の自然環境について、4年生の総合学習で

一緒に勉強しています。

 

記念式典では、主催者を代表して庄内自然博物園推進協議会の

櫻井会長、鶴岡市の皆川市長より挨拶がありました。

 

 

来賓を代表し、東北地方環境事務所 次長 中島慶次様から挨拶

を頂きました。

 

 

記念式典の最後は、10周年に合わせて作成した大山上池・

下池のプロモーションビデオの上映を行いました。

2017年の冬から2018年の秋まで両池の四季の移り変わりと

池とかかわるインタビューを織り交ぜた内容になっています。

 

 

記念シンポジウムの第1部は、両池の学習を今年度続けた「こども

ラムサールワークショップ」メンバーによる発表でした。

活動の紹介とともに、時代とともにかわる両池と人のかかわりに

ついて劇を織り交ぜながら、自分たちの言葉で発表しました。

 

 

第一部では、写真コンテストおよび絵・塗り絵コンテストの

表彰式も行いました。各コンテストともに入賞者を代表して

ラムサール条約湿地賞の和田亮さん、阿部ひなこさんに賞状と

副賞が手渡されました。

 

 

第2部は3つの話題提供の発表がありました。

 

1人目は、大阪府・山田池の日渡さんに農業用ため池である

10haの山田池の水抜きの事業の様子について発表いただき

ました。

 

 

次に、尾浦の自然を守る会で自然写真家の太田威さんに両池と

人のかかわりや両池に飛来する水鳥について紹介いただきました。

 

 

3人目は、山形大学農学部 教授の林田先生に人との関わりで変化

する水辺植物について発表していただきました。

 

休憩後のパネルディスカッションでは、コーディネーターに林田

先生、パネリストに話題提供の日渡さん、太田さんに加え、

江戸時代から続く浮草組合の田中組合長、下池の管理者である

西郷土地改良区さんの佐藤理事長に加わっていただき、両池の

現状と池の未来の姿について意見交換しました。

 

 

それぞれが利用していた両池から、市民が関わる池にならないか?

その1つとして、昔行っていた「水抜き」を再現してみてはなど

活発な意見が交わされました。

 

シンポジウム終了後は、祝賀会も開催されました。

登録時の関係者と現在の関係者が一堂に会して、親睦を深めました。

 

 

今回の記念シンポジウムを開催するにあたっては、協議会関係者や

施設スタッフ、サポーターの皆さんにご協力いただきました。

 

また、開催にあたっては実行委員会を発足し、メンバーの皆さんには

前日準備などご協力いただきました。

 

この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 
 
 
 
 
 


こどもラムサールWS 第4回 【2日目】

第4回目の2日目の朝。

眠い目をこすりながら、薪ストーブの火で暖を取りながら

今日の予定を確認です。

 

 

昨日、ねぐら入りしたコハクチョウの様子を見に、下池にいき

ました。

 

 

下池には、土手の近くまでコハクチョウでいっぱいでした。

5時30分〜6時30分までの間、飛び立ちの観察を行いました。

 

 

 

観察のあとは、朝ご飯です!

羽釜で焚いた玄米ご飯をみんなでおにぎりにしました。

 

 

朝食後は、館内清掃です。

日頃なかなかできない場所も掃除してもらいました。

 

 

その後は、4回までの活動のまとめと11月の開催される記念

シンポジウムでの発表方法やその内容について、みんなで

話し合いました。

 

1人1人が考えたことを出し合い、共感した点や異なる点を出し

あいました。

 

 

 

最後に、みんなの意見をグループ化し、さらに意見交換を

行いました。

 

 

 

時代とともに、池と人のかかわりが少なくなってきた一方で、

渡り鳥の飛来数は増加し、両池はラムサール条約に登録されま

ました。子どもたちは、このワークショップをとおして、初めて

そのことを知り、池とのかかわり体験したり話を聞いたりしました。

 

また、大人たちはどう考えているのか?

自然を守るということは、どういうことなのか?

新たな視点も生まれました。

 

 

11月10日(土)、記念シンポジウムでこの活動のまとめを

発表します。ぜひ、ご参加ください。

 

今回、こどもラムサールWSに参加してくれた子供たち、ご家族の

皆さん、そしてご協力いただいた関係者の皆様、本当にありがとう

ございました。


こどもラムサールWS 第4回【1日目】

第4回目のこどもラムサールは、コハクチョウのねぐら入りと

飛び立ち観察するのでほとりあに1泊しての活動です。

1日目は、.灰魯チョウのねぐら入り観察、活動のまとめを

行いました。

 

ねぐら入り観察は、ほとりあの自然観察会に同行し、講師の太田さん

からいろいろな話しを聞きました。

 

まずは、庄内平野で餌を食べているコハクチョウを観察!

 

 

 

17時には下池に戻り、ねぐら入りする

コハクチョウとこれから餌を

求め飛び立つカモたちが下池上空で交差する姿を観察しました。

下池上空で、一瞬で数千もの鳥たちが舞う姿に子どもたちもびっくり

していました。

 

 

夕食は芋煮とほとりあ米の新米と古米の味比べを行いました。

新米も古米もどちらもおいしかったようです!

 

夕食後は、休憩をとった後、眠い目をこすりながら、これまでの活動の

まとめと11月に開催される記念シンポジウムでの発表方法について

話し合いました。

 

 

 

 

これまでの体験学習や聞き取り調査が、子どもたち1人1人が池と

 

人のかかわりを考える中でいきているようです。

たくさんの人たちにご協力いただき、たくさんの生き物たちから

学んだ「こどもラムサールWS」も記念シンポジウムでの発表を除くと

残り1日となりました。

 

明日も楽しんで活動したいと思います!

 

結局、寝る前には元気なメンバー!

明日は5時起床!早く寝ようね!

 

 

 

 

 

 


大山上池・下池ラムサール条約登録10周年! 記念式典・シンポジウ開催のお知らせ

「ラムサール条約」とは、水鳥など多様な生きものの生息地である湿地を守り、

活用していくことを目的とした国際条約です。

鶴岡市大山地区の「上池・下池」は県内唯一の条約登録湿地であり、2018年で

登録10周年を迎えました。
このたび10周年を記念して、「上池・下池とわたしたち〜現在・過去・未来〜」を

テーマとした式典及びシンポジウムを出羽庄内国際村で開催します。
池の歴史や利用、これからの姿について深く学んでみたい方、楽しく体験して

みたい方、ぜひ会場に足をお運びください! 多数のご参加をお待ちしています!

 

 

式典・シンポジウム

◆開催日時・場所

2018(平成30)年11月10日(土曜)
13:30〜17:30 <開場:13:00>
出羽庄内国際村(鶴岡市伊勢原町8-32)

◆内容

○市内小学校の総合学習の取り組み発表、「ラムサールこどもワークショップ」メンバーによる活動発表
○上池・下池のプロモーションビデオ 初公開
○写真コンテスト及び絵・塗り絵コンテスト 表彰式
○話題提供
 (1)大阪府・山田池公園の”池の水ぜんぶ抜く”取り組み
    日渡 邦夫 氏(大阪府営山田池公園管理事務所 前所長)
 (2)人々の生活と両池の関わり
    太田 威 氏(尾浦の自然を守る会 会長/自然写真家)
 (3)人との関わりで変わる上池・下池の植生
    林田 光祐 氏(山形大学農学部 教授)
○パネルディスカッション
 テーマ:上池・下池とわたしたち〜現在・過去・未来〜
    パネリスト:田中 富雄 氏(浮草組合 組合長)
           佐藤 保 氏(西郷土地改良区 理事)
           日渡 邦夫 氏、太田 威 氏
    コーディネーター:林田 光祐 氏
※来場者先着150名! 下池の水で育った「お米」をプレゼント!

 

 


こどもラムサールWS 第3回【2日目】

第3回目のこどもラムサール2日目は、5時に起床し、

‐綯咾任良眩霑塙腓気鵑肇魯垢硫屬亮穫作業、館内清掃、

自然写真家である太田威さんの池と人のかかわりについて

学習会をおこないました!

 

朝5時前の館内の様子!昨日はよく眠れたかな?

 

上池に移動して、浮草組合さんから組合の歴史や舟に乗ってハスの花の

収穫体験をさせてもらいました!

 

              組合長の田中さん

 

いただいた花は、ほとりあに持ち帰って花や茎のつくりを勉強しました!

 

まとめ学習の前には、ほとりあの富樫館長も来てくださいました!

 

自然写真家の太田威さんから両池をいかに人が利用していたのか写真を

使って紹介してもらいました!

1泊2日のWSでは、ラムサール条約湿である大山上池・下池にかかわる

多くの人たちからお話を聞くことができました。また、多くの活動を

体験することができました。残りの活動では、いままでの体を通して

子どもたちが何を大切に感じ、どのような方法で伝えていくか一緒に

考えていきたと思います。

 

宿泊型事業にも関わらず、快く宿泊の準備をしていただいた保護者の皆さま、

また子どもたちに多くの体験の場を作ってくださった関係者の皆さま、

本当にありがとうございました!

 

最後に、約束のスイカ割りも行いました!

 

 



[HOME]

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode