【報告】大山下池の役割を考えよう!〜田植え体験編〜

山形県唯一のラムサール条約湿地である大山上池・下池が
今年で登録10周年を迎えたのを記念して、ほとりあでは
地域の農家さんにご協力をいただき、本来の両池の目的である
お米づくりに挑戦します!                 
今日は田植えイベント開催しました!  
まず、はじめに大山下池の概要や役割ついて学習しました!
下池の水は、田んぼでお米を育てるの使用して意外にも
芽出し作業(種を池につけておく)にも使われていました!
田植えの先生は、馬町さくらファームの太田裕徳さん、
河崎祐介さんです。お忙しい中、4名のスタッフさんが
駆けつけてくださり、ご指導いただきました。
 
転枠でつけた線の十字の重なった部分に稲を植えていきます!
あいにくの天気でしたが、手植えスタートです!
あいにくの天気でしたが、みんなで協力して、あっという間に
稲を植えることができました。
ご参加いただいた皆さん、馬町さくらファームさん、ありがとう
ございました!
9月中旬には稲刈りWSも開催予定です!


[HOME]

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode