こどもラムサールWS 第2回目開催

今年度は、大山上池・下池のラムサール条約10周年を記念して

こどもラムサールワークショップを年間を通じて開催します。

 

今日はその第2回目が開催され、小学4年生から中学1年生までの

登録した子どもたちが午前中は保全管理イベントに参加、午後は

大学の先生から水質について学びました。

 

午前中の保全管理イベントでは、親水水路の草刈りや集草作業を

大人の参加者ともに汗を流しました。

 

親水水路の草刈りでは、関係者で合意した残した植物を刈らない

選択的草刈りを行っています。その代表がミクリです。

↑(上)ミクリの説明風景、(下)花をつけたミクリ

 

 

こどもラムサールWSのメンバーは主に刈った草をあつめる作業をしました。

レッキを使って、刈った草を畦畔まで引き上げます。

↑子どもたちも初めて胴長をはき、集草作業

 

午後は山形大学農学部の梶原先生から下池や都沢湿地、高館山の瀬が沢の水質に

ついて教えていただきました。

↑WSのための資料と講義風景

 

梶原先生からは、渡り鳥の飛来など自然環境の変化や落ち葉や枝を活用しなくなった

人の生活の変化が池の水が一般的に汚いと言われる富栄養化の原因だと教えていただ

きました。

 

その後、水の中にいる植物プランクトンや動物プランクトンの観察を行いました。

    まずはじめに、スポイトで水をすくい、計数板に入れます。

     計数板に入れた水が気になり、じっとかんさつ。

      顕微鏡をのぞくと、そこにはプランクトン!

 

はじめてみるプランクトンに子どもたちは興味津々のようでした。

 

こどもラムサールWSでは、ラムサール条約湿地である大山上池・下池の自然環境を

学ぶだけではなく、自然と関わる人についても考えていきたいと思っています。

 

今回も保全管理イベントに参加されたサポーターの皆さんや山形大学の先生など

自然環境を守ったり、科学する方と関わることが出来ました!

 

関係者の皆さん、ありがとうございました!

 

また、この度こどもラムサールWSのTシャツが完成しました!

時間の都合上、みんなで写真撮影は出来ませんでしたが、このTシャツを着て

みんなで頑張ります!

 

 
 

 



[HOME]

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode