【報告】里地里山学オープニング講座「大山上池と下池の湿生植物の特徴〜ラムサール条約登録10年目の現状〜」

2018年度の里地里山学特別講座は

大山上池と下池の湿生植物の特徴〜

    ラムサール条約登録10年目の現状〜と題して、

      山形大学農学部の林田光祐教授ご講演いただきました。

 

 

前半は、過去の航空写真から両池の人の利用や植生について説明いただ

きました。昭和20年代の航空写真からは池の山側には田んぼが広がって

いたことや池の水位の変化について知ることができました。

 

 

後半は現在の両池のエコトーン部の植生と水位変動の違いが植生に与える

影響を説明いただきました。現在の両池は農業用水としての利用は、

昔と比べると多くはありません。その結果、水位が高くなり、湿性植物が

姿を消す要因の1つになっているようです。

ただ、両池は農業用水であり、水利権があるため、今後は農家さんなど

関係者との協議しながら進めていく必要があるようです。

 

 

さいごは、参加者とともにスライドを見ながら意見交換を行いました。

 

ご参加いただいた皆さま、林田先生、ありがとうございました。

 



[HOME]

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode