【ほとりあ学習会】「地域における自然エネルギー」

この夏、出羽三山近辺への大規模風力発電事業計画が大きな話題と

なりました。
「どうして自然エネルギーが必要なの?」「どんな課題があるの?」、

「どうして出羽三山は候補になったの?」といった基本的な問題について、

一緒に考えてみませんか?

 

当館を会場に全2回の学習会を開催します。

第1回 『国内の自然エネルギーの現状と課題』

 日 時:2020年10月31日(土)13:30〜15:00

 

 話題提供

 1.国内の自然エネルギーの現状、推進の経緯、

      世界的な動き及び環境影響評価法の手続に関する概要

   岩館 敏昭 氏(東北地方環境事務所 環境対策課長)

 2.山形県の自然エネルギー戦略と事業

   高橋 徹 氏(山形県環境エネルギー部 エネルギー政策推進課 課長)

 3.鶴岡市の同戦略と事業

   芳賀 俊郎 氏(鶴岡市市民部環境課 環境専門員)

第2回:風力発電事業での環境影響
  日 時:2020年11月20日(金)18:30〜21:00
 話題提供
  1.第1回のふりかえり(事務局より)

  2.風力発電による生態系・生物多様性への影響

    永幡 嘉之 氏(自然写真家・科学ジャーナリスト)

  3.自然災害への影響

    菊池 俊一 氏(山形大学農学部 准教授)

      4.コウモリ類への影響

    上山 剛司 氏(鶴岡市自然学習交流館ほとりあ 副館長兼学芸員)

 

会場:鶴岡市自然学習交流館ほとりあ(鶴岡市馬町字駒繋3-1)

参加費:寄付制


申 込(本学習会は、事前の申し込みが必要です。

   庄内自然博物園構想推進協議会 事務局まで、電話またはメールでお申し込みください。
   定員30名程度。第1回は10/28(水曜)〆切
   ◆事務局:担当:上山・佐藤(亜) (鶴岡市自然学習交流館ほとりあ内)
    電話:0235-33-8693  E-mail:info@hotoria-tsuruoka.jp
   ◆事務局:佐藤(英) (鶴岡市市民部環境課内)
    電話:0235-25-2111(内720)  E-mail:kankyo@city.tsuruoka.yamagata.jp

お問合せ、取材のお申込みも同事務局までお願いいたします。


2020年度 ほとりあぬり絵コンテスト

今年度は、都沢湿地再生の『どろ』キャラクターである

『どろっぱ』を題材に、ぬり絵コンテストを開催しました。

 

幼・保育園児から90歳代まで724名の方にご応募いただき、

先日、最終審査を行い、各部門(幼保、小1〜3年、小4〜6年、

中学生以上)入賞5作品、そして特別賞5作品の計25作品を決定

しました。入賞作品は、館内に展示しています。

 

 

また、10月18日には授賞式を開催しました。

受賞者の皆さんも、他の受賞者の絵の迫力や繊細さにびっくりして

いました。ご応募いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

 

 


里地里山学講座「都沢湿地の外来生物生息状況と活用事業」

ほとりあで都沢湿地の外来生物駆除活動を始めて9年。

継続して駆除する中で駆除数にも変化が生まれてきました。

また、駆除と並行して、駆除したウシガエルやアメリカ

ザリガニの活用についても検討してきました。

当日は、駆除傾向と最新の活用事例も紹介します。

*当日は、外来生物料理の試食も予定しています。

 

日時: 10月24日(土)13時30分〜15時30分
講師:
 
上山剛司(同館学芸員)
定員: 20名
参加費:寄附制
持ちもの:マイカップ

要予約:10月22日(木)まで
申込み:鶴岡市自然学習交流館「ほとりあ」
     TEL:0235-33-8693 FAX:0235-33-8694
     Mail:info@hotoria-tsuruoka.jp


マコモでリースづくり

今年も、都沢湿地に生育しているマコモを使った

リースづくりを開催します。

都沢湿地におけるマコモ(ガヅキ)の問題や役割を

考えながら一緒に素敵なリースを作ってみましょう♪

 

 

 

日 時:10月17日(土) 

    10時30分〜12時、13時30分〜15時

定 員:各回10名

講 師:シダー・ローズの会(ほとりあサークル)

★湿地の植物マコモを使ってリースづくりをしよう!

参加費:500円(材料費等)

要予約:10月15日(木)まで

 

問合せ:鶴岡市自然学習交流館ほとりあ
     電話:0235-33−8693 

    E-mail:info@hotoria-tsuruoka.jp


カモのねぐら立ち観察会

『カモのねぐら立ち観察会』10月17日と24日(土)の

両日開催致します。

 

ほとりあの周辺には、県内唯一のラムサール条約登録湿地である

大山上池・下池が隣接し、両池では約200種類の野鳥の生息が確認

されており、冬には多くの渡り鳥の越冬地となっています。

 

これまで、この時期の観察会は『コハクチョウ』をテーマに

開催していましたが、今回はあまり知られていない『カモの

ねぐら立ち』に注目した観察会となります。

 

夕方、空の上でコハクチョウのねぐら入りとカモのねぐら立ちが交差

する様をぜひご覧ください。

 

 

日 時:10月17日(土)24日(土)17時〜19時30分

講 師:ほとりあ職員&サポーター

*諸事情により、講師が変更になりました。

参加費:300円(保険費) 

要予約

定員:20名

問合せ:鶴岡市自然学習交流館ほとりあ
     電話:0235-33−8693 

    E-mail:info@hotoria-tsuruoka.jp

 



[HOME]

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode