【報告】マコモでリースづくり♪

10月27日()に、齋藤 智子さん(花のアトリエ*チョコレートコスモス*)

講師に都沢湿地に生育しているマコモを使ったリースづくりを開催しました。

マコモは庄内地域では、カヅキと呼ばれる水生植物で、万葉集にも

詠まれるくらいに古くから日本人と結びつきが深い植物です。

しかし、近年都沢湿地ではマコモ群落が優占しすぎていることから

一部を積極的に刈り取っています。

 

最初に、都沢湿地に行きマコモの刈り取りを行いました。

飾りつけになりそうな植物も一緒に採取しました。

 

 

館内に戻り、2人1組でないでいきます。

 

リース上になったら、思い思いにノイバラの赤い実や松ぼっくりなど

飾っていきます。

 

 

個性豊かなマコモリースが完成しました。

今回は材料のほとんどを湿地や周辺の森にあるものを使いました。

身近な素材で素敵なリースが完成し、参加者の皆さんにも大変

喜んでいただきました。

 

 

参加いただいた皆さん、講師の齋藤智子さん、

ありがとうございました。

【報告】2019年 里地里山学講座「森里山海が繋ぐ塩づくり」

2019年度の里地里山学講座は

森里山海が繋ぐ塩づくりと題して開催しました!

まずは、ほとりあで森と海の繋がりや大地の歴史、塩に

まつわる話を行いました。

 

その後、新潟県村上市山北にあるミネラル工房さんにて塩づくり

見学を行いました。塩づくりの歴史や塩に含まれるミネラルの

話し、その工程について丁寧に説明していただきました。

 

近くの海からくみ上げた海水を間伐材で炊きます。

 

塩の食味。体の調子で欲している塩が違うそうです!

 

代表の富樫さんから、塩づくりを始めた経緯についてもお話

いただきました。

 

 

昼食は、鼠ヶ関公民館さんで、ミネラル工房さんの「ダイヤの

塩」を使ったおむすびとエビ汁を民宿丸武さんに作っていただき

ました。

 

 

昼食後は、鼠ヶ関公民館の五十嵐主事より鼠ヶ関地域の魚付き

林の取り組みをご紹介いただきました。

 

 

今回はいつもの座学とは異なり、バス移動や見学が多い会と

なりましたが、「塩」をテーマに森と海の繋がりや時代による

「塩」の役割についても学ぶことが出来ました。

 

ご協力いただいた皆さん、ご参加いただいた皆さん、ありがと

ございました!


【報告】自然観察会「コハクチョウのねぐら入り観察会」

10月19日は、自然写真家の太田威さんに講師に

コハクチョウのねぐら入り観察会を開催しました。

 

座学を行ったあとに、バスで庄内平野に移動!

 

 

庄内平野でコハクチョウが田んぼで採食している様子を
観察しました。

17時前には、ほとりあに戻り、下池にねぐら入りする

コハクチョウの大群を観察しました。

17時30分を過ぎると、これから餌を求めて池を飛び立つ

カモたちが帯状に飛び立ち、下池上空でハクチョウの群れと

交差します。その光景に参加者一同にあっとうされました!

 

 

ご参加いただいた皆さん、講師の太田さん、ありがとうご

ざいました。


【報告】ほとりあ里山マルシェ2019開催

10月12日(土)、台風19号が接近し、あいにくの天気でしたが

里山マルシェ2019を開催しました。

ご協力いただき、ありがとうございました。
皆さんのお陰で、
約220人の方に来場いただき、無事開催、

終了することができました。ありがとうございました。

 

当日の会場の様子を紹介します。

 

野外ブースは農家さんにご協力いただき、ビニールハウスを会場に

開催しました。

 

ザリガニ粉末入りのかりんとうのふるまい

 

ビニールハウスの総合ではスタンプカードを配布。

 

くむんだー山形さんによる「くむんだー(木のジャングルジム)」

 

丸太切り体験やアメリカザリガニ釣り体験

 

野外では菅原建設株式会社さんによる湿地再生で活躍する

「ショベルカー乗車体験」

 

ほとりあ館内では出展者さんによる飲食や工作体験ができる

ブースが並びました。

 

<つきよ>さん

 

<山形ピクルスbeni>さん

 

7colors>さん

 

キャンドルTOKUMOTO>さん

 

サポータ>さんによるザリガニストラップづくり!

 

バルデ>さん

 

庄内産直センター>さん

 

ほとりあSHOP

 

 

ご参加いただいた皆さま、出店者さん、そしてご協力いただいた

サポーターの皆さん、ありがとうございました。

 


ほとりあ里山マルシェ2019の開催について

台風19号が日本列島に近づき、10月12日(土)の

「ほとりあ里山マルシェ」の開催が心配されるところですが

現時点で、当地が暴風に入るが12日(土)夕方以降であること

から開催の方向で準備しております。

 

すべてのイベントは館内またはビニールハウスの中で行います。

 

また、開催に際しては、参加者および運営企画者が安全であること

を最優先して努めてまいります。

*台風19号の本州接近スピードや進路変更した場合は、中止することもあり
ます。その場合は、本ページに連絡致します。

 

 



[HOME]

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode