2015年度 都沢湿地保全管理イベント

2015年度も都沢湿地保全管理イベントを開催します。
休耕田であった都沢地区の湿地再生を目的に関係機関や市民の方々を目的に保全管理イベントを開催しています。

今年度も下記の日程で保全管理イベントを開催します。
ともに汗して、湿地環境の保全管理とともに多くの人が活用できる環境を作り出しましょう!
*参加者にはオリジナルバッチを贈呈します。


      

第1回 5月23日(土)  9:00〜11:30
    「早期外来植物駆除」
第2回 6月6日(土)  9:00〜11:30
    「親水水路の草刈り作業」
第3回 9月5日(土) 9:00〜11:30
     「外来植物駆除」
第4回 9月12日(土) 9:00〜11:30
     「外来植物駆除」
第5回 10月3日(土) 9:00〜13:30
    「外来植物駆除&まとめの会(昼食あり)」
             *昼食でます!昼食後、まとめの会を実施!

 


【参加方法】
 自然や環境保全に興味のある方。
 上記日程で参加できる日、お名前、ご住所、お電話番号を右記まで
 ご連絡ください。参加無料、保険はこちらで加入します!


【持ち物】
 軍手、長靴、作業しやすい恰好、タオルなど


【その他】
 参加された方には、ほとりあ缶バッジを贈呈。
 昨年度までの活動はHPをご覧ください。


【報告】2014年度 湿地保全管理活動 第5回目(最終)

本日、2014年度の都沢湿地保全管理イベントの最終回を開催しました。今回の駆除作業は多年草の外来植物であるセイタカアワダチソウの駆除です。

まず、今回の活動の担当のほとりあスタッフから駆除対象のセイタカアワダチソウの説明。
 

その後、湿地内と土手、歩道周辺の5班に分かれて活動を開始。

 
            【駆除作業風景】


  【駆除したセイタカアワダチソウ、今回は軽トラ約3台分】

       
  【駆除したセイタカアワダチソウはクラフトや教育プログラムに
                    活用するため茎の部分のみ切断】


今回の作業で、目標としていたセイタカアワダチソウはおおむね駆除することができました。

作業終了後は活動の振り返りと懇親の意味もかねて、みんなでウシガエルカレーとザリガニスープ、ザリガニのキッシュをいただきました!

  
 【都沢産ザリガニのスープ】   【都沢産ザリガニのキッシュ】

   
 【配膳の手配も地元のお母さん方にお手伝いいただきました!】

昼食をおいしくいただいた後は、活動の振り返りです。

ほとりあ開館前から、都沢湿地の保全活動にかかわっている関係者からは
「昔はセイタカアワダチソウを探すことがないくらい、手を伸ばせべ生育していた状態だったので、今日のようにどこにセイタカアワダチソウがあるのか探すようになったことは駆除作業の効果があるということなのでうれしい」という感想が聞かれました。

一方で、初めて参加した大学生からは「鶴岡が地元だが、高校のときにこのような活動をしていることは知らなかったので、地元の高校などにも広く活動を呼びかけたらどうか」という次年度の活動に参考になる意見も出てきました。

 


今年度の湿地保全管理イベントはこれで終了しますが、引き続き年間通して保全管理活動は実施いたします。
興味のある方はほとりあのHPや来館いただければ幸いです!


                        (つめ。)


【報告】2014年度 湿地保全管理活動 第3回目

9月6日、2014年度第3回目の都沢湿地保全管理イベントを開催しました。今回の駆除作業場所は都沢湿地の水の供給源である大山下池での外来植物駆除作業です。なぜ、都沢湿地の水の供給源である下池は生物の供給源であると同時に外来植物の供給源であるため、池の水位が低い今年度、初めての試みとして実施しました。

今回もサポーターの皆さま、中央高校生、そして協議会メンバーである市役所の環境課さん、観光物産課さんなど計24名にご参加いただきました。お忙しい中、ありがとうございました。

まずは、今回のリーダーの高橋功さんから作業の説明をしていただきました。

   

その後、北側廻りと南側廻りに分かれて作業を開始しました。
<北側>
  
   <自分たちの背丈を超えるアメリカセンダングサ(1年生草)>

  
  
  <北側は軽トラに山盛りに乗せて2台分の植物を駆除しました!>

<南側>
   
   <山形大学の林田先生から水位状況と
          現在の水辺エコトーンの状況を説明していただきました。>

    
     <水位が低下したことで、今年度多く生育しているフタバムグラ>


    
                 <作業開始>

    
                 <作業前>
    
                <作業後>
 
南側は運搬が困難な場所が多いことから池の水が満水になった場合もつからない場所まで駆除した植物を引き上げて乾燥させることにました。乾燥途中で開花しないかどうか今後経過も観察する予定です。

   
         <駆除植物の引き上げ>

今回、初めての下池での駆除活動で、活動場所による駆除後の処理方法や水位による優先する駆除個所など、今後の保全管理活動にとって大変勉強になる回となりました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。


次回は、9月13日(土)9時〜11時30分 です。
 人々のライフスタイルが変わった中で
  多様な自然を維持するためには、人間の手が必要です。
 地域の自然、ぜひ皆様からのご協力お願いします!


                        (つめ。)















【報告】2014年度 湿地保全管理活動 第2回目

6月14日、2014年度第2回目の都沢湿地保全管理イベントを開催しました。 あいにくの天候にも関わらずサポーターや市役所関係者、加茂水産高校ボランティア部の学生さんなど、合計29名の方にご参加いただきました。

今回の保全管理作業は、早期外来植物駆除作業!
秋に花期を迎えるアメリカセンダングサなどの外来植物をまだ草丈も短いこの時期に駆除する初めての試みです。

  
 【本日の駆除対象種のアメリカセンダングサ(写真中央)】

まず、はじめに本日のリーダーの佐藤聖介さんから本日の作業と駆除対象種のアメリカセンダングサの見分け方について説明していただきました。

 


作業は、昨年度末に攪乱した北側区域と下池の堤斜面の2班に分かれて行いました。

<北側攪乱地域>
 

  

<下池堤斜面>
  

作業終了後には、平積みした軽トラ1台分の量のアメリカセンダングサを駆除することが出来ました。

参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

次回は、9月6日(土)9時〜11時30分
         『外来植物駆除作業』
               
                 
 (つめ。)

【報告】2014年度 湿地保全管理活動 第1回目

本日、2014年度の都沢湿地保全活動を開催しました。
関係者40名で、都沢湿地の南側に位置する親水水路の草刈り作業を行いました。


   
         【本日のリーダである水野氏より作業の説明】


作業は畔の草刈り機班、用水路を上中下流の3つに分け、合計4班で行いました。作業の際には、湿性植物であるミクリやヒメガマなどに注意して行いました。

    
     【ミクリ】         【オビトンボ】


 
    【みるみるうちに水の流れが確認できました。】

参加者の方のお陰で、時間内に作業終了です!

【before】
  

【after】
     

参加者の皆さま、お疲れ様でした。

次回は6月14日(土)9時〜11時30分です。
作業内容は「早期外来植物駆除作業」です。
ぜひ、ご参加ください。


                     (つめ。)



[HOME]

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode