自然観察会「コウモリ観察会」

2016年度 自然観察会第3弾のテーマは『コウモリ』です!
コウモリは日本の中で、一番種類の多いほ乳類です。
ほとりあの周りや鶴岡市内にどんなコウモリがすんで

いるのかいっしょにしらべてみましょう!

 

当日は、コウモリの聴音波ゲームや超音波探知機を

使ってコウモリをさがします!

 

本事業は、夏休み自由研究応援事業です!

 

 


自然観察会◆峭盍杙海硫柔个鯆瓦戮茲Α〜どきどきわくわくタイムカプセル〜」

2016年度 自然観察会第2弾のテーマは『化石』です!

今回は植松前館長と遠見館長のW館長が案内人です。
ほとりあ周辺にはどんな化石があるのかな?

化石からどんなことがわかるのかな?

高館山周辺をバスで回りながら、過去の自然環境をよみとく旅にでかけます。

夏休みの自由研究テーマにいかがでしょうか?

 

わくわくどきどきタイムカプセルの旅に出発!!

 

 

 

 

 

 

【日  時】 7月23日(土)9:30〜15:00

【集合場所】 鶴岡市自然学習交流館ほとりあ
         *ほとりあからバスで回ります!
【講  師】 植松 芳平 氏(ほとりあ前館長)
       遠見 昌圀 氏(ほとりあ館長)
【定  員】 20名(小学3年生以下は保護者同伴)
【参 加 費】 300円(保険料、資料代)
【持 ち 物】 雨具、長靴、昼食、飲み物、ハンマー、マイナスドライバーなど    
【申し込み】 鶴岡市自然学習交流館「ほとりあ」
          TEL:0235-33-8693 FAX:0235-33-8694
          Mail:info@hotoria-tsuruoka.jp

申し込みが必要です!バスの定員がありますので、お早目にお申込みください。

 

 


わくわく夜の森観察会

 2016年度 第1回目の自然観察会は
        
「わくわく夜の森観察会」です!
 
いつもとは違う夜の湿地や森でどんな発見があるでしょうか?
奇妙な声でなくいきものや体の一部が光るいきものなど、夜に
活動を開始するいきものたちに出会えるはずです!

どんないきものに出会えるかな?

今回は夜の開催のため、お子さんは保護者同伴となりますが、いつもとは
違う夜のほとりあ周辺の自然環境をご家族で楽しんでください。
ぜひご参加ください(*^_^*)


  
 
 

日時:6月18日(土)午後6時30分〜8時30分
案内人:ほたるワーキンググループメンバー&ほとりあスタッフ
定員:各20名(小学生以下は保護者同伴)
参加費:500円
持ち物:懐中電灯、長靴、はおるもの、タオル、飲み物、虫よけ対策など
申込み:鶴岡市自然学習交流館 ほとりあ
     TEL:0235-33-8693 FAX:0235-33-8694
     Mail:info@hotoria-tsuruoka.jp


 

赤とんぼ観察会

低湿地再生を目指す都沢湿地で
   羽化した赤とんぼ(アキアカネ)についてしらべてみよう!
  

アキアカネは、暑さに強くないことから平地から高地へ長距離移動を行うトンボといわれています。
それは本当でしょうか?今回はその謎を3回シリーズで解いていきます。
1回目は、都沢湿地で羽化したアキアカネを見つけてマークをつけます。
マークをつけたアキアカネを探しに2回目は、バスで月山8合目まで追跡の旅に出ます!
そして、3回目。秋になって都沢湿地に帰ってきたアキアカネをカウント調査します。

各回ごとの参加も可能ですが、ぜひ3回通して参加して頂くことをお勧めします!
春、夏、秋、季節を通して一緒にアキアカネについて調べてみませんか?
夏休みの自由研究にもぴったりのイベントです。


     

\屬箸鵑椶離沺璽ング調査
都沢湿地で羽化したアキアカネにマークをつけよう!
日時:6月18日(土) 9時30分〜12時

∪屬箸鵑 追跡の旅!
マークをつけたアキアカネを追って、高知でさがそう!
日時:8月6日(土)8時30分〜15時

お帰り 赤とんぼカウント調査
都沢湿地に帰ってきたアキアカネを探して、数えよう!
日時:10月15日(土)9時30分〜12時


講師:水野 重紀 氏(水野野生生物調査室 主宰)ほとりあスタッフ・サポーター
定員:各20名(小学3年生以下は保護者同伴)
参加費:各回500円(資料代、保険費)
持ち物:帽子、長袖、長ズボン、虫網、水筒
集合場所: Νほとりあ、鶴岡市役所
申込み:鶴岡市自然学習交流館「ほとりあ」
     TEL:0235-33-8693 FAX:0235-33-8694
     Mail:info@hotoria-tsuruoka.jp

  

【報告】「冬芽と早春の植物観察会」

本日、冬芽と早春の植物観察会と題して自然観察会を開催しました。
観察会の案内人は、庄内自然博物園構想運営員会の委員を務める
富樫 捷士さん!

   

    
ほとりあを出発して、城山コースー上池コースー城山コースー瀬ヶ沢ー岩倉コースーほとりあとお昼を挟んで、お昼をって約5時間の観察会を楽しみました。

オオミスミソウやオウレン、マルバマンサク、キクザキイチゲ、カタクリ、エンゴサク、ショウジョウバカマ、エンレイソウ、オクチョウジザクラなど花を見ることができました。

    

     

     

オオイワウチワの花も根元のつぼみを膨らませていました。
   

今回の観察会で、これから個人で散策する際の楽しみが1つでも見つかったならいです。
案内人を務めていただいた富樫さん、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

4月からは、定期的にほとりあのサポーターがほとりあ周辺を案内する散策会を開催しますので、ぜひご参加ください。


[HOME]

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode