【報告】自然観察会第10弾「コハクチョウの飛びたち観察会」

本日、自然観察会第10弾『コハクチョウの飛びたち観察会』を開催しました。講師は自然写真家の太田威氏。

何千キロも飛んできて、大山上池・下池を越冬地に選んだ渡り鳥たちを観察しました!

あいにくの天気で強風となりましたが、コハクチョウ、オオハクチョウ、アメリカコハクチョウのハクチョウ3種はしっかり確認できました!

  
  【講師の太田さん】       【観察風景】

 
           【飛びたちの風景】

 
     【くちばしが黒い・アメリカコハクチョウ】

 
      【最後に太田さんの著書をご紹介!】

今回は渡り鳥観察もよかったですが、暗い空が少しずつ明るくなる姿もまた何とも言えずきれいでした!

                        (つめ。)
 


【報告】里地里山学講座第6弾「映画で見る庄内の自然」

本日は、里地里山学講座最終講。
『映画で見る庄内の自然』と題して庄内映画村(株)
       代表取締役の
宇生 雅明 氏にご講演いただきました

実はほとりあ周辺でも、現在上映されている「おしん」の撮影が行われました。そのこともあってか、今回は多くの大山地域の皆さんからもご参加いただきました。ありがとうございます。
 


      

講演では、「おくりびと」をはじめとする庄内で撮影された長編映画13本のショートムービーとその撮影が行われた自然環境を1つ1つご紹介いただきました。
自然大好きな参加者が多いので、「ここで撮影したのか!」、「こんなところ、良く知っているね」という声が聞こえてきました。


 

今はなくなってしまった建物や風景もあり、再びスクリーンを通してその姿が見れるのもの映画の魅力です。

 

また、庄内は海、山、平野、川があり、雪のシーンをはじめとする四季の移り変わりがはっきりしているのが映画の撮影場所として選ばれている理由だそうです。また、東京と1時間で行き来することが出来る空の交通手段・庄内空港の存在も大きいそうです。
地域が持つ産業や経済基盤も大切なんですね。


 


また、庄内には日本で初めて受賞した映画賞が2つもあります!
1つ目は、「おくりびと」のアカデミー・外国語映画賞!
2つ目が、現在上映中の「おしん」の金鶏百花映画の優秀作品賞!
世界が認めた映画が庄内で撮影されたというのは、なんともいえずにうれしいですね!
そして、それを支えたのが庄内の風土、つまり里地里山環境です。

最後に、宇生さんが現在お住まいの山梨・八ヶ岳の自然の紹介がありました。まさに雄大な自然。里地里山とはまた違う美しさです!
けれど、人の匂いがある里地里山もそれに負けないくらい魅力的です!これからも素晴らしい自然環境、そしてその魅力を込められた素晴らしい映画が庄内で撮影されることを期待しています!

お忙しい中、講演をお引き受けいただいた宇生さんありがとうございました!また、ご参加いただいた皆さまありがとうございました!

全6回にわたった今年度の里地里山学講座はこれにて終了です!

主催者反省も含めて、後日振り返りを掲載します!


                       (つめ。)
 

【入館5万人突破】植松館長の『ほとりあ賛歌と庄内の自然誌展』

12月のまったりルームの『まったりギャラリー』
                     入館5万人突破を記念して、
 当館の植松館長のほとりあ賛歌(短歌、俳句)を年内いっぱい展示します!

 館長が見た自然を、ぜひ賛歌の中で味わってください(*^_^*)


                     

 

      

     


                               (つめ。)

「自然の豊かさに出会う絵本展」の開催

ほとりあの12月展示として、
  この本だいすきの会 鶴岡支部さんに御協力いただき、
         「自然の豊かさに出会う絵本展」の開催しています。


自然と絵本って似ていると思いませんか?
       だって、どちらも「ドキドキ」、「ワクワク」する(*^_^*)

絵本で出会った「もりのてぶくろ」を探しに、森にでかけるのもよし!
      森で出会った奇妙な模様を絵本でたしかめるのものよし(*^_^*)

  自然という非日常的な空間と私たちの日常的な空間を
                  繋いでくれるのは本のような気がします!


展示期間中は、下記日程で絵本の読み聞かせも行います。

是非、ご来館ください!

  
 

【絵本の読みきかせ】協力:この本だいすきの会 鶴岡支部さん
 *各回 40分
   12月 1日(日)11時15分〜
   12月 8日(日)14時〜
   12月14日(土)14時〜

         
                                 (つめ。)
 

里山Cafe第8弾 『白鳥の生態を追う』〜ここまでわかった!体の仕組みと環境適応〜

今回の里山Cafeのテーマは「ハクチョウ」
大山上池・下池にたくさん渡ってくるハクチョウは
 この庄内の冬の中でどんな風に暮らしているのでしょうか?
  また、苦労してまでなぜ長い距離を渡ってくるのかでしょうか?長年、白鳥を追い続けてきた角田分氏
       白鳥の生態の秘密について教えていただきます!

                               (Photo:TUME)

開催は以下のとおりです!

1.日  時    1月19日(日)13:30〜15:00

2.場  所    鶴岡市自然学習交流館 ほとりあ

3. 講   師    角 田  分 氏

4.対  象    自然に興味のある方

5. 参 加 費   500円

6. 内  容    ハクチョウの生態
         体の仕組みや環境適応など

7. 持 ち 物 マイカップ

*要予約

問い合わせ:鶴岡市自然学習交流館 ほとりあ
Tel:0235-33-8693 Fax 0235-33-8694
E-mail:info@hotoria-tsuruoka.jp



[HOME]

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode