地里山学講座 第4弾 「個性豊かな柿のはなし」

今回の里地里山学講座は「柿」!
庄内地方で柿と言えば、『庄内柿』

今回は『柿の研究者』である山形大学農学部教授・平先生
                       柿の世界を紹介していただきます!
食文化都市、森林文化都市、庄内自然博物園構想など多方面に活躍される
平先生に個性豊かな柿のお話、おすすめです!


  


日時:10月11日(金)19:00〜20:30
講師:平 智 氏 (山形大学農学部 教授)
参加費:500円(資料代、飲み物代)
持ち物:マグカップ
内容:柿の生態
   柿の魅力
   他

*申込みあり

問い合わせ:鶴岡市自然学習交流館 ほとりあ
Tel:0235-33-8693 Fax 0235-33-8694
E-mail:info@hotoria-tsuruoka.jp

第8弾 自然観察会『都沢湿地ハイク◆

 第8弾の自然観察会はのテーマは『都沢湿地』をテーマに開催します!

秋の都沢湿地を長年湿地を調査している研究者と市民活動家が案内します!
一人では見つけられない湿地の魅力を見
つけてみませんか?


  
     【ママコノシリヌグイ】           【イボクサ】

  
       【ミゾカクシ】             【ツルマメ】

日  時    平成25月9日28日(土)9:00〜11:30
開催会場    都沢湿地
集合場所    鶴岡市自然学習交流館ほとりあ
講  師    林田 光祐 氏(山形大学農学部 教授)
        高橋 功 氏(保全管理WGメンバー)
定  員    20名
参 加 費    500円(保険料、資料代)
持 ち 物    雨具、長靴、飲み物など
申し込み    鶴岡市自然学習交流館「ほとりあ」
         TEL:0235-33-8693 FAX:0235-33-8694
         Mail:info@hotoria-tsuruoka.jp
要申し込みです!


                                 (つめ。)

ペレットストーブの講習会

ほとりあにも設置しているペレットストーブの講習会を開催します!
庄内海岸のクロマツで作ったクロマツペレット


    

そして、環境にやさしいと言われるペレットが、実際にどのように環境にやさしいのか?
ペレットを販売する会社の
営業部門さんに紹介してもらいます!

       


日時:2013年10月5日(土)13時30分〜15時
講師:五十嵐 政一 氏(渡会電気株式会社 営業部長)
場所:自然学習交流館ほとりあ
内容:環境にやさしい「ペレットストーブ」の効果と
   お得な購入助成制度について

問合せ ほとりあ 0235-33-8693

いのち学 part2【夕方の部】

本日の夕方からは、いのち学part2!
まずは、開会式!
本日、植松館長が所要で不在のため、運営員会委員長である山形大学農学部の平教授に開会のあいつを頂戴しました!

  
             【開会のあいさつをする平委員長】

続いて、外来生物であるウシガエルとアメリカザリガニについて、上山の方から紹介させていただきました。
生態や日本への導入目的など、外来種の歴史についても勉強しました!


 

みなさん、ご存じのとおりウシガエルは1918年(大正7年)に、食糧増産と外貨獲得のために国策として導入されました。しかし、その見た目から、結局日 本人には受けいられることなく、野生化してしまいました。アメリカザリガニは昭和初期に養殖しているウシガエルの餌としてもちこまれました。ウシガエルの 需要の減少とともに本種も野生化していまにいたっています!

本日、駆除ワナで捕獲されたウシガエルを駆除前に参加者の皆さんと観察しました!

 
            【ウシガエルをつかまえる参加者】
      *特定外来生物であるウシガエルは許可なく移動飼育は出来ません。ご注意を!



その後、捕獲した外来生物を『食べて保全』を合言葉に!
食の都・庄内 親善大使太田政宏氏シェフをスペシャル講師にお招きし、外来生物をおいしいフランス料理にしていただきました!

 

参加者の目の前で、ウシガエルやザリガニのフランス料理の中での位置づけや調理の仕方、また一部調理も見せていただきました


 
          【アメリカザリガニの調理の方法実演】

 
             【参加者も思わずうっとり!】

  
                【盛り付けもきれい】

  
            【カエルのスープ調理中】

出来上がった料理がこちら
【左からウシガエルのソテー、ウシガエルのスープ、ザリガニのアボカドマヨネーズあえ】

  

参加者を代表して、小学4年生の二人にいただきますの挨拶をしてもらいました。
外来生物のいのちに感謝しておいしくいただきます!

 
   【平委員長も太田シェフも、一緒にいただきます!をしていただきました!】

食べた参加者の表情はこちら(*^_^*)

  

   

そして、参加者みんなで『ごちそうさま』をしました!
参加者からの質問や感想の中では、「ウシガエルやザリガニ美味しいさにびっくり」
「オタマジャクシは食べられないのか?」など活発な意見がだされました!

最後に太田シェフから手間暇かけて下処理することが重要!
そして、味覚は小学4年生までに決まるというお言葉をいただきました!

参加者もスタッフも満足のいのち学となりました!

最後に、いのち学を通して知ってもらたいことを記しておきたいと思います!
平委員長のことばの中にもありましたが、「パスポートをもって自らやってきた生きものたちではない」という言葉のとおり、外来生物が悪いのではありません。
我々、人間に勝手に連れらて来て、知らない土地で一生懸命生きた結果が在来種へ影響を与えているということ。そして、人間が持ちこんだものについては我々人間が責任をもって解決しないといけない。
 そして、外来生物にも「尊い命」があること!
今回の食を通じて、そのことが少しでも参加者に関係者に伝わってもらえたら幸いです。

物珍しいイベントではなく、外来生物の導入の歴史を踏まえて、循環型の外来生物管理について今後も勉強していきたいと思います。

太田シェフをはじめ、ご参加いただいた皆さまありがとうございました!

今年度のいのち学はこれにて終了となります!

また、来年度に期待して下さい(*^_^*)


                                  (つめ。)
 



都沢湿地保全管理事業&いのち学 part2

 本日の午前中は、都沢湿地保全管理イベント及びいのち学part2で
                   都沢湿地の外来植物駆除を行いました。
今回の主な対象種はアメリカセンダングサブタクサ
加茂水産高校の学生さんや市役所職員さん、サポーター、いのち学参加者など
40名を超える方々に参加していただきました。
 
       【ブタクサ】          【アメリカセンダングサ】



まずは、本日の活動リーダーの中野さんから作業手順について説明をしていただき、
下池の内側の土手、都沢湿地中央道路、侵入禁止ゾーンを5つの班に分けて、作業を
実施しました。



池の内側の石積みの隙間から、アメリカセンダングサがたくさん生えています!


       

急斜面にもかかわらず、みなさんに一生懸命作業していただいたおかげで
あっという間に軽トラがこんな状態に!



なんと、軽トラ一杯が3台分になりました。

予定していた範囲よりも多くの範囲の外来種駆除作業が出来ました!

ご参加いただいた皆さま本当にありがとうございました!


最後に、都沢湿地(都沢公園:鶴岡市の都市公園)を所管する鶴岡市地域振興課の
阿部課長よりご挨拶を頂戴し、終了致しました。


              【阿部課長の閉会の挨拶】


みなさんで集めた外来植物駆除は乾燥後、堆肥用や一部焼却処分致します!


           【外来植物の山、本当にお疲れ様でした!】


次回の都沢湿地管理イベントは 10月5日(土)です!
                     ご参加お待ちしています!


                                  (つめ。)






[HOME]

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

やまがたの天気

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode